« 8月15日、世界選抜戦決定ほか | トップページ | 関西セブンズ初日 »

高橋一彰、ロペティ・オト両氏に会う

8日は、トヨタ自動車ヴェルブリッツのクラブハウスに行っていた。とはいえ、取材したのは、OBのお2人。写真だけで存在感抜群の高橋一彰さん、ロペティ・オトさん。ラグビーワールドカップ(RWC)2019組織委員会のサイトで紹介される、「「My Rugby World Cup Stories」のインタビューだった。

http://2019-all-for-japan-team.jp/

先に取材を終えた高橋さん、待機していたオトさんに言った。

「太り過ぎやろ~、何キロあんねん」
「130キロな」
「どっちがプロップか分からへんがな」

201504081

久しぶりに会ったみたいで、がっちり握手していた。2人とも元日本代表選手であり、高橋さんは1991年、1995年RWCのメンバー、そしてオトさんは1995年のメンバーだ。トヨタ自動車株式会社の社員として、高橋さんは三好工場・明知工場工務部、オトさんは元町工場工務部に勤務している。

懐かしい話が続き、「あっ、それ、覚える!」と言うエピソードが多く楽しい取材だった。高橋さんは大阪体育大学時代、僕の3学年下。僕が4年生でニュージーランド遠征したとき、1年生で3人だけ選ばれたメンバーの一人だった。そのとき一緒に観戦したオーストラリア代表とカンタベリー州代表の試合(1986年8月)に感動し、ラグビーを続けていこうと思ったのだとか。「カンタベリーが勝ったのですが、めちゃくちゃすごい試合で、僕らのやっているのが子供のラグビーに感じたほどです」。その時のカンタベリー州代表のFBはロビー・ディーンズさんだった。

1991年RWCの前に行われたジャパンBのジンバブエ遠征には僕も同行したのだが、その時のジャパンBは、高橋さんはじめ、太田治、薫田真広、宮本勝文、高橋善幸、清宮克幸、大内寛文ら、のちに指導者としても実績を残すメンバーばかり。この遠征での情報収集が1991年大会での勝利に結びついたのは言うまでもない。宿沢広朗監督の英断だった。

オトさんは、1990年に来日し、大東文化大学に入学するのだが、トンガでも代表候補で、すでに7人制トンガ代表で国際大会に出場し、なんと13人制のラグビーリーグのトンガ代表にも17歳で選ばれていた。ものすごい逸材が大東大に入って学生日本一に貢献したわけだ。もちろん、当時は二カ国にまたがって代表になれたので、トンガ代表になっていても日本代表でRWCに出場することはできたのだけど。「我々トンガの人間を受け入れてくれた日本ラグビーに恩返ししたい気持ちは、すごくある」と話し、現在は、春日丘高校ラグビー部の指導にあたっている。

たまには、懐かしい話もいいものだ。2人とも、ありがとうございました。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 8月15日、世界選抜戦決定ほか | トップページ | 関西セブンズ初日 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    高橋さん、懐かしいです。大体大が国立で早稲田をFWで圧倒して、もう少しで勝てたのに今泉さんに独走されたりで逆転された一戦をテレビで観てて、関西人の僕は興奮したことが昨日の様です。PRよりも大きいオトさんって・・・。

    投稿: ふくやん | 2015年4月 8日 23:40

    懐かしい名前ですね(^^)
    写真拝見すると、やはり現役時代とは違いますね(笑)

    2人とも現役時代知ってますが、オト選手の大東大時代の迫力ある突破が印象に残っています。

    投稿: 亮 | 2015年4月 8日 22:38

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/61410007

    この記事へのトラックバック一覧です: 高橋一彰、ロペティ・オト両氏に会う:

    « 8月15日、世界選抜戦決定ほか | トップページ | 関西セブンズ初日 »