« 関西ラグビーまつり特設サイト&ノーサイドプロジェクト懇親会告知 | トップページ | 呉英吉先生の門出を祝う会 »

日本代表対韓国代表戦結果

ワールドカップイヤーの日本代表の初陣は、56-30という大味なゲームになった。内容的には、韓国代表の力強いタックルが目立ち、その圧力の中で日本代表はハンドリングエラーを連発した。キックオフ直後は、素早いパスをつなぎつつ着実に前進できたが、自分たちのミス、反則から韓国に切り返されると反応も悪く、踏み込んだタックルもできていなかった。

PKからの速攻でトライを許し、前半14分には、インターセプトからの失トライで、3-17とリードされる。ドライビングモールを軸に、なんとか前半のうちに逆転(22-20)したが後半20分を過ぎても負の連鎖が続いて37-30と突き放せず、31分、FLホップグッドのトライでようやく42-30とするもどかしい展開だった。SO立川の飛ばしパスから初キャップのWTB松井がインゴールに走り込むなど、いいトライもあったが、全体的に残念な内容だった。

5月2日、秩父宮ラグビー場での香港代表戦、5月9日、博多での韓国代表戦と、国内での試合で日本のファンをスッキリさせてもらいたい。

◎エディー・ジョーンズ ヘッドコーチ
「チームも選手もシャープではなかった。最初の30分間の韓国代表の方が良いプレーをしていた。今日一番残念に思ったのは、選手の姿勢。攻められている時にどうするかを見たかったが、見るものはなかった。ハーフタイムで試合に向かう姿勢の部分で負けていると伝えて、自分たちで解決するように伝えた。ただ、これはチームの成長の過程。ラグビーワールドカップ(RWC)へ向けての準備としてはとてもいい試合だった」

◎畠山健介キャプテン
「課題の多く残る試合だった。最初の入りのプレーは悪くなかった。後半も失点はあったが、アタックは良くなった。チームの中でもよく言っているが、日本代表はスロースタートの悪い癖がある。もう一つの悪い癖は流れが良くない、悪くなった時にパニックになってしまう。ただ、要所要所ではコントロールできたと思う」

◎村田毅選手
「キャップ獲得を達成したというよりは、ようやく皆と同じスタートラインに立てたという感じ。キャップがないと、RWCも現実味が正直なかったが、少しほっとした。ホップグッドとの出血一時交替の出場ではキャップを獲得できないと思っていたので、(自分が入替で出場するためにも)試合に出ているメンバーに早くトライをとってリードを広げてほしいと思いながら待っていた」

◎宇佐美和彦選手
「出場時間は短かったが、試合に出してもらって感謝している。皆が入替出場のため呼ばれて行く中で、もう出場はないかとも思ったが、出たら自分ができることをやろうと思っていた。ハードワーク!と声をかけられてグラウンドに出て行ったので、それを心がけた。今度はもっと長い時間出場できるように努力していきたい」

◎松井千士選手
「チームとしてはあまり良くない試合だったかもしれないが、初キャップで初トライをとることができて良かった。ジョーンズヘッドコーチからは3トライと言われていたが、1トライしかできず、終わった後にボールタッチの回数のことを指摘されたので、もっと自分からボールを要求すれば良かった。トライを取ったところは、立川さんが良く見てくれていて1つ飛ばしてパスをくれたので取れた。普段はあまり緊張しないが、今回はとても緊張していて、トライを取れば落ち着くと思っていたので早くトライを取りたかった。トライを取った後、後半は少し余裕ができたと思う」


■アジアラグビーチャンピオンシップ2015
第1戦 韓国・南洞アジアード・ラグビー競技場
韓国代表●30-56○日本代表(前半20-22)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 関西ラグビーまつり特設サイト&ノーサイドプロジェクト懇親会告知 | トップページ | 呉英吉先生の門出を祝う会 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    韓国相手に、気が抜けていたのかもしれないが、練習の負荷が大きく影響したのかも。みんな疲れて、体も頭も緩慢な様子が見て取れた。

    マオリ戦もそうだが、1戦目悪くて(戦術を試す意味もあったの思うが)、2戦目から目が覚めるというのでは、RWCでは通用しない。RWCは当然だが、これからの全試合において初戦の前半から、激しくファイトし、ミスしても焦らないことは必須。激しさ!! どんな相手でも手を抜かない!

    でも、少しだけでもトレーニングの負荷を下げたほうがいいかも。
    選手とファンのテンションが下がるので…。

    投稿: nicePlay | 2015年4月24日 13:51

    結局、韓国と日本の差は純血度の差に過ぎないんじゃないか、と私も思ってしまった。

    ヘスケスは必ずゲインしますね。と実況の方が言うたびに感じた。

    ルール違反ではないし、別にそのこと自体どうこう言うつもりはないけど、何か寂しさがあった。
    前のコメントにも書いたように、この結果を字面通りに受け止める気はないが、モヤモヤしたものがあるのも事実で、この先どこかでスッキリさせてほしいものです。

    個人的には今年のW杯は、一つは絶対に勝ってほしい、できれば2つ勝てるといいな、それより上は望んでません(試合として成立してないね、とならなければいいな、くらいの希望)。

    投稿: テルキー | 2015年4月21日 20:55

    キックの得意な選手は基本タックル行かない人多いですね。
    (五郎丸のタックルはムラがあります)
    ですからその状況下ではかなり疲労があるのではないでしょうか?
    テルキーさんの言われるようにWC本戦南アフリカ
    は捨てた方がいいと思いますが、でも、それは日本人発想であり
    外国人指揮官はベストメンバーで臨む筈。初めての対戦でも
    あるし、それならばこれまでテストマッチは組めなかったのか
    ??と悔しい気持ちも感じない訳でもない・・・
    初戦ベストメンバーで臨んで怪我人が出て、その後の戦いに
    影響が出る懸念を感じます・・・
    それはこの韓国戦を見れば、分かることだと思いますが・・・

    投稿: カズ | 2015年4月21日 11:00

    負荷をかけた状態ということで、色々難しさはあったのかなと。
    悪いものが初戦で全て出て、今一度気を引き締め直すいいきっかけになったと、全てプラスに考えたいと思います。

    韓国側からすれば、「外国人さえいなけりゃな~」って思ってるでしょうね、いつものごとく。

    香港戦はスカッとした勝利を期待します!

    投稿: 亮 | 2015年4月20日 19:27

    昨年の日本選手権覇者のヤマハにしてみても、年間通じて強かったわけではない。

    ラグビーってピーキングが鍵になるスポーツのようです。

    だから、こんなどうでもいい試合から全開になってたら、却って心配。

    しかし、そんなどうでもいい試合でもやらないといけないわけで、敢えて不利な環境を作って臨んだ、それ自体はいいことだけど、やっぱり内容はねぇ……

    疲れてタックルにいけないのはわかるけど、疲れるとキックが入らなくなるのは、そんなもんですか?

    もしそうなら、本番では南ア戦は捨てて、残りの試合に全力投球してほしいものです。

    投稿: テルキー | 2015年4月20日 07:28

    厳しい意見が多くなるのは当然だと思いますが、
    私はまだまだ期待しています。

    今回のメンバーは、ここ数年のメンバーとは随分メンツが違っているから、
    チームとしてのまとまり自体がまだ欠けているのではないでしょうか。
    ラグビーは個性の違う歯車がかみ合うか噛みあわないかで
    まるで違うチームになるスポーツ。
    リーチキャプテンの不在も大きいと思います。
    そのリーチは、今、SRで素晴らしい活躍を見せてくれていて、
    しかも日本代表に持ち帰るためのメモをたくさんたくさん
    取っていてくれるという頼もしさですからね。

    取りあえずW杯までのテストマッチは、負けない範囲で色々試して、
    W杯本番へつなげてくれたらいいと思います。
    応援するくらいのことしかできないから、できる範囲で観戦に行きます。
    私も地方住まいですが、2日の香港戦は必ず秩父宮へ応援に行きます!
    怪我なく、最後まで勇気をもって戦ってほしいですね。

    投稿: MM | 2015年4月19日 23:18

    ウェールズも去年ジャパンに負けたし、ベストメンバーとそうでないのとの差は激しいということじゃないですかね。

    真壁 田中 リーチ 福岡みたくファイトを剥き出しにする選手がいれば少しは変わったかな と思います。


    クルセイダーズ戦リーチはまた先発して後半途中交代、あの時の悔しそうな顔ね!(チェックしたい方後半63分です(笑)

    笑っちゃう位嬉しい


    真壁の鬼みたいな顔とか
    秩父宮ABs戦終了間際の福岡とか

    スコットランドには勝てない(笑)と思うけどファイトしたラグビーはするだろうと感じます。

    してほしーなーと思います(笑)

    投稿: けんじ | 2015年4月19日 22:22

    録画してたSR シャークス対ブルズ(前半だけ)を観ました。

    ダーバンとプレトリアのライバル心が熱い。タックルするのもタックルされるのも、どっちも前に出て激しすぎる。何よりハートが激アツ!

    こんなチーム(南ア)と試合するのか。


    大丈夫か?

    もの凄~く心配(^-^;


    とにかく5/2の香港戦。激アツな「JAPAN WAY」を見せてくれ( ^o^)ノ

    投稿: nick | 2015年4月19日 17:28

    観戦予定だった5月2日の香港戦。田舎住まいの身には、決して近いとは言えない秩父宮。この韓国戦を見て、行くか行くまいか迷いが出てきました。はっきり言って気持ちが萎えた。まぁ見ている側の勝手な言い分なので、チーム事情やら戦略やら選手のコンディションについては良く知りませんが。代表を応援する気持ちに変わりはないけれど、メンバーが揃うであろう8月まで待ってみるかもしれません。

    投稿: 天そば | 2015年4月19日 12:16

    韓国相手にこの内容ではとてもRWCでは期待が持てない。シックスネイションの最終日の3試合はすごかった、それに今のスーパーラグビーの強さ速さは眼を見張るようだ。今回のRWCでは何とか1勝がいいところでしょう。今回でエディジョーンズが交代になったら次期は清宮にお願いしたいですね。2019年までの本格強化とセブンスも含めた人気を高める真剣な努力を協会ならびに関係者にお願いします。

    投稿: koosuke | 2015年4月19日 08:44

    やはりみなさんも思いましたか、「や~ま~な~か~💢」(^_^;
    マオリABs戦を思い出しましたよ。

    最初のチャンスで松井がトライをとりきれていたら、
    もっと違ったんでしょうね。
    RWCクラスのチームなら、とりきれるだろうなと思いました。

    それにしても五郎さんが心配。

    最後に、JSPOさん、中継ありがとう!!
    村上さんのおかげかしら(*^-^)
    2日は現地観戦しますっ!

    投稿: ねこぷ~ | 2015年4月19日 05:31

    最後は地力の差で勝てましたが、
    なんというか、ダメな時の神戸製鋼みたいな試合しましたね。(--;

    ノットストレートにノックオンにと・・・
    次戦に向けて、W杯に向けて気合を入れなおしてほしいです!!

    ていうか、山中・・・

    投稿: 某神戸ファン | 2015年4月18日 21:46

    厳しい合宿中の中でいかに精度を高くできるかを期待して見ました!やはり疲れが出てミスが多くなりましたね。逆に韓国は照準を合わせて気持ちが入っていてよいレッスンになった気がします。スーパーラグビーや怪我で抜けている間に、今日のメンバーが成長しW杯でいい成績が得れる事を心より期待しています!

    投稿: まさ | 2015年4月18日 20:24

    もう一言だけ。

    「や~ま~な~か~💢」

    頼むよ(T-T)


    話は変わって(笑)

    太陽生命セブンズの大会に出場する(出場した)加藤あかり選手。

    頑張ってくれよ~(^_^)/

    投稿: nick | 2015年4月18日 18:25

    danger厳しい意見は多くの方から出つくすと思うので違う切り口から。
    指揮官は知っているのではないか?
    何を?
    JAPANの実力を。
    RWCでの予選リーグ敗退を。USAにさえ勝てるのかどうかを。
    韓国に競って「RWCに向けてのいい準備となった」のコメントは
    ジョージアに負けた時にも聞いたもの。
    あれだけ表現力にあふれた指揮官がコメントの仕様のないチーム力にしか
    なっていないことがその証左ではないのか。
    今日のメンバーと内容では、
    南アに70点、サモアとスコットランドには50点は取られるだろう。

    投稿: エリス少年 | 2015年4月18日 17:57

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/61457802

    この記事へのトラックバック一覧です: 日本代表対韓国代表戦結果:

    « 関西ラグビーまつり特設サイト&ノーサイドプロジェクト懇親会告知 | トップページ | 呉英吉先生の門出を祝う会 »