« タッチラグビーW杯 | トップページ | 埼玉ラグビーフェスティバル »

男女日本代表戦9日の結果

5月9日は、福岡のレベルファイブスタジアムでJSPORTSの解説だった。放送されたのは午後2時からの日本代表対韓国代表戦だが、午前11時からの女子日本代表(サクラフィフティーン)対女子カザフスタン代表戦が、まずは観客席を盛り上げた。

この日のサクラフィフティーンは、ボールを確保しながら連続アタックを仕掛け、SO山本実のキックで地域を進め、ディフェンスでは激しく前に出てプレッシャーをかけた。前半22分、FB田坂藍キャプテンのPGで先制、26分に田坂がPGを追加すると、34分、SH井上愛美のパスを受けたWTB谷口令子がトライするなど前半を16-0とリードした。後半は一時追い上げられたが、WTB本間美月のトライで突き放し、最終的には27-12で競り勝った。

「ゲームプラン通り80分間やってくれた」と有水ヘッドコーチ。田坂キャプテンは、「先輩方が一度も勝てなかったカザフスタンに勝つことができて嬉しい気持ちでいっぱいです。選手一人一人の共通認識が浸透していたのでプラン通りにできたと思います。もっと上に行けるんじゃないかという自信につながりました」と手ごたえをつかんだ様子。女子日本代表が女子カザフスタン代表に勝ったのは史上初めて。2017年の15人制女子ラグビーワールドカップ出場に向けて弾みをつけた。FB田坂キャプテンが、抜け出したカザフスタンの選手を一発のタックルで仕留めたシーンは見事。全体に日本ラグビーが世界に勝つために必要な要素がちりばめられた戦いぶりだった。

午後2時からは、男子の日本代表対韓国代表戦が行われた。4月のアウェイの対戦では、30失点と韓国代表BKに走られた日本代表だが、きょうは立ち上がりからボールをキープして攻め続け、前半1分、CTB田村優のキックパスを受けたWTB福岡堅樹が先制トライ。地元出身選手の活躍で観客席は大いに盛り上がった。11分には、不用意なパスをインターセプトされて韓国にトライを許したが、WTB藤田の突破からSO立川がトライし、24分には、CTBカーン・ヘスケスが3人、4人とタックラーをかわしてトライし、前半を31-7でリード。後半、やや動きが鈍ったが優位に立つスクラムを起点に前進し、最後は福岡がこの日3トライ目をあげ、前後半合わせて10トライをあげて66-10で快勝した。

「前半は良いプレー、良い判断がありました。初キャップのLO宇佐美、FL村田ら若手の動きもよく、福岡の復帰も喜ばしい。ただし、福岡はまだディフェンスについて学ばなくてはいけません」とエディー・ジョーンズヘッドコーチ。「きょうは選手の態度を重視していました。コンディションとしては、これまででもっとも疲労のたまった状態でした。その中ではよく戦ってくれたと思います。リザーブのメンバーもよくペースを上げてくれました」。どの選手に聞いても疲労はピークで、「これまでで一番きつかった試合」とコメントした選手もいたほどだった。日本代表は、22日、アウェイで香港代表とアジアラグビーチャンピオンシップの最終戦を行う。

■アジアラグビーチャンピオンシップ2015

日本代表○66-10●韓国代表(前半31-7)
女子日本代表○27-12●女子カザフスタン代表(前半16-0)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « タッチラグビーW杯 | トップページ | 埼玉ラグビーフェスティバル »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    ようやく録画していた「JAPAN」の試合を観ました。

    快勝!良かったと思う。

    でも「もっとx2」です。南アと当たるまでに「も~っと」レベルアップしなくちゃ(^_^)/

    おめでと~サクラ15(^o^)

    2つの「JAPAN」でもっともっとも~っと日本ラグビーを盛り上げてくれ~(^o^)/

    投稿: nick | 2015年5月10日 20:53

    エディージョーンズは本気で南アと対戦するつもりなんですね。9月まではその準備なのですね。昨日の試合も南ア戦をどう戦うか、その視点からの通過点なのでしょう。正直、南アに勝てるわけがないと思っていますが、ともかく緒戦から全力で当たる。試合日程がタイトでも4試合全力で戦う、その強い意志が感じられました。今までは1勝できればいいと考えてましたが、そんな考えではワールドカップに出る資格はないということでしょう。ファンとしても勇気を与えられました。

    投稿: koosuke | 2015年5月10日 11:12

    村上さん、おはようございます。
    きのうの日本代表VS韓国代表戦、生中継を観ていました。
    福岡選手のファンなので復活3トライが嬉しかったなあ。

    試合全体は細かいハンドリングミスとかが残念でした。W杯だったらそういうところから反撃を食らいそうですので。今後の調整がうまくいきますように。

    投稿: ぱぐ | 2015年5月10日 06:45

    試合後のエディーHCの円陣での涙が気になって仕方ありません。教えてください。

    投稿: ラガーマン | 2015年5月10日 06:11

    韓国の前に出てくるディフェンスをいなすというかかわすというか、うまく対応できてました。

    ヘスケスのアウトサイドセンター、いいと思います。ウィングよりも13番がいい。

    被トライも自殺点みたいなトライだけでしたが、密集で絡んでノットリリースを誘うシーンをもっと見たかったかな。

    ま、まだまだこれからで、アメリカ、カナダとどれだけできるか。ここらあたりに常に8点差以上をつけて安定的に戦えたら、本番も期待できるんだけどなあ・・

    投稿: テルキー | 2015年5月10日 05:20

    福岡選手の走り、見事でしたね!
    ますます、ウィングのポジション争いが熾烈になってきました。
    個人的には福岡&山田(ヘスケス)でいってほしいと思います。

    村上さんにご質問ですが、最後エディが泣いていたように見えましたが、なぜなのでしょうか??

    投稿: TAK | 2015年5月10日 03:21

    サクラフィフティーン…ナイスゲームでした!! 田坂藍選手のビッグタックルあり、集散の速さ、ラインアウトは完璧…岩のようなカザフスタン(すみません)を破りました!! ノックオンの多さを打ち消す素晴らしい試合だと感じました!! 勝つべくして勝った!!…そんな試合だと思います!!みんなカッコいいです。
    こんな試合をライブ観戦出来て幸せでした!!

    投稿: 頑張れ!!別府RS!! | 2015年5月 9日 23:56

    毎度記事と関係なくすいませんm(_ _)m
    すカパラグビー2003RWCのファイナル

    Aus V Engあらためて観ました。

    今観るとワラビーズは個人のミスで足元すくわれましたね。
    感じた事は個人がミスしたら戦術もへったくれもない。

    最近のジャパンの試合観ててもエディHC責める気になりません(勝ってるけど)。

    観る側としては個人のミスなのか戦術が悪い(ブ○ーズとか)のか冷静に観たい
    と思いました。


    まぁ福岡の韓国戦は全然面白くないですね。

    オールブラックスが格落ちとはいえ全力でジャパンにぶつかってきたのを感じてないんですかね?

    オールブラックス戦を活かしてるのは小野だけだと感じます(今出てませんが)。
    カーターぽくなった(笑) まじめに。

    リーチのチーフスでの経験
    スピードについて行けてなかったりしますね。

    観ててもどかしい。
    リーチのもどかしい感覚がそのまま伝わるようです(笑)

    ワールドカップはベストメンバーでいけばスコットランドに肉薄する位には行くかもしれませんね。
    最近はなんかスピードも中途半端 激しさもない
    簡単に相手にボールやる

    2軍ですよね

    コンテスト出来るのに見てたりとか(笑)
    がっかりします

    チャンネル変えます(笑)

    チャンネル変えたのは今日だけですが(笑)

    投稿: けんじ | 2015年5月 9日 22:51

    バックスタンドの4列目で観戦しました。あの宿澤ジャパンが91年W杯出場を決めた秩父宮以来、25年ぶりの日韓戦でした。
    疲労がピークの中、ディフェンスの意識、新たな攻撃パターンの試みなどW杯への意気込みが十分感じられた素晴らしいゲーム内容でした。
    福岡君の3トライ、五郎丸、藤田、ヘスケスなど地元ゆかりの選手の活躍もありバックスタンドは大盛り上がりでした。25年前、ファンが宿澤さんを胴上げした雰囲気に近い満足感でした。それに比べ、料金が高い正面スタンドの指定席はガラガラ。4年後も同じようにならなければいいがと思います。

    投稿: パパっち | 2015年5月 9日 22:42

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/61564874

    この記事へのトラックバック一覧です: 男女日本代表戦9日の結果:

    « タッチラグビーW杯 | トップページ | 埼玉ラグビーフェスティバル »