« 男子セブンズ日本代表・ロンドン大会結果 | トップページ | 香港戦の日本代表メンバー発表 »

セブンズワールドシリーズ放送

19日(火曜日)、JSPORTSでセブンズワールドシリーズ2014-2015のロンドンセブンズの日本代表戦と各トーナメント決勝などが放送された。日本代表の戦いぶりを映像で改めて見ると、プールマッチのオーストラリア代表には完敗も、ニュージーランド、ウェールズには見事なトライを奪っているし、惜しい試合をしている。先週のグラスゴー・セブンズの危険なタックルで、4試合出場停止になったレメキが出場していればと思ってしまうほど、選手達のパフォーマンスは攻撃面に関しては良かった。

ボウルトーナメントでもケニアに敗れたが、シールドトーナメントではポルトガル、フランスに勝利し、トゥイッケナムの観客から大きな拍手を受けた。ただし、ディフェンスはソフトなタックルが多く、大きな課題。シリーズ9大会の貴重な経験と、世界最先端の情報は、今後のセブンズ強化に生かしてもらいたい。強化環境を整えれば、再びコアチームに昇格する可能性は十分あると感じる戦いぶりだった。

優勝は、大方の予想を覆してアメリカ代表。フィジーが早々にシリーズの総合優勝を決め、イングランドも2016年のオリンピック出場枠の4位が確定するなど、両チームの集中力がやや落ちた気はしたが、アメリカの実力アップは確か。100m10秒13のスプリンター、カーリン・アイルズと、アメリカンフットボールからの転向組であるペリー・ベイカーが抜群のスピードでトライを奪い、ダニー・バレット、アンドリュー・ドュルタロなどパワフルな選手も突破力を見せつけ、準決勝でイングランド、決勝でオーストラリアを圧倒した。オリンピックの出場権はまだ得ていないが、メダル候補に躍り出た気がする。

最終総合順位は、1位フィジー、2位南アフリカ、3位ニュージーランド、4位イングランド。この4チームはリオのオリンピックに出場決定。加えて開催国ブラジルを含めた12チームが出場できるのだが、日本は11月7、8日に香港で開催されるアジア予選で1位になれば出場権を得る。アジア以外の地域予選は、ヨーロッパ、北米・カリブ、南米、アフリカ、オセアニアで各1チーム。ヨーロッパではフランス、ポルトガル、北米・カリブは、アメリカ、カナダ、オセアニアはオーストラリア、サモアあたりが争うことになりそう。南米はアルゼンチンが頭一つ抜けた存在だ。そして、地域予選で敗れた16チームで最終予選が行われる。この顔ぶれの数チームが最終予選まわりになると考えれば、日本代表は是が非でもアジアで1位にならなければいけない。

ロンドン大会の再放送は、以下の予定。
5月21日=午後11:00~午前4:30 Jsports1、22日=午前11:00~午後4:30 Jsports4、24日=午前5:55~午前11:25 Jsports1

もう一つ、ゴールデンウィークのサニックスワールドラグビーユース交流大会のハイライト番組が、5月21日、午後6:00~午後7:00に初回放送される。リピート放送もあるので、ぜひご覧ください。


|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 男子セブンズ日本代表・ロンドン大会結果 | トップページ | 香港戦の日本代表メンバー発表 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/61615359

    この記事へのトラックバック一覧です: セブンズワールドシリーズ放送:

    « 男子セブンズ日本代表・ロンドン大会結果 | トップページ | 香港戦の日本代表メンバー発表 »