« スーパーラグビー注目試合&講演のお知らせ | トップページ | セブンズワールドシリーズ放送 »

男子セブンズ日本代表・ロンドン大会結果

男子セブンズ日本代表は、5月16日、17日、イングランドで行われた「ロンドンセブンズ」に出場。シールドトーナメントでポルトガル、フランスに勝利したものの、シリーズポイントは21に終わり、14位のポルトガル(28)に7点届かなかった。2014-2015シーズンのセブンズワールドシリーズの総合成績は、コアチーム中最下位(15位)が確定。2015-2016シーズンのコアチームから降格することになった。

残された道は、この一年、ワールドシリーズで戦ってきた経験を生かし、11月のオリンピック・アジア予選を確実に突破すること。そして、もう一度強化体制を見直して、再びセブンズワールドシリーズへの昇格を目指すことだ。2020年には東京オリンピックがやってくる。そこで7人制ラグビーが行われる以上、年間を通してセブンズをプレーする選手で強化を進めなければ世界との差は広がるばかり。ロンドン大会でアメリカが優勝したのは、セブンズに特化した強化の成果だ。5月19日、JSPORTSで大会の様子が放送されるので特にラグビー関係者の皆さんには、現実を見ていただきたいと思う。

■5月16日(土)
プールB第1戦
日本代表 0-41 オーストラリア代表 (前半0-22,後半0-19)
日本代表 14-26 ニュージーランド代表 (前半14-12,後半0-14)
日本代表 21-24 ウェールズ代表 (前半14-12,後半7-12)

■5月17日(日)
ボウル準々決勝 
日本代表 12-24 ケニア代表 (前半0-24,後半12-0)
シールド準決勝
日本代表 26-21 ポルトガル代表 (前半19-7,後半7-14)
シールド決勝
日本代表 21-19 フランス代表 (前半7-19,後半14-0)


■男子セブンズ日本代表 瀬川智広ヘッドコーチのコメント

「ロンドンセブンズ最終日は、コアチームに残留できないとわかっていたので自分たちが今シーズンやってきたことを全部出そうと臨んだ。日本のリズムになってボールをリサイクルできている時は、ボールを動かしたいいアタックができていた。ただ、課題としている粘り強いディフェンスはまだまだコンスタントに出すことはできなかった。それが現時点での実力であり、降格という結果にもつながった。セブンズワールドシリーズに参加できたのは、世界のトップチームと試合ができたことが一番の収穫。セブンズの経験値を高めていくことができ、選手、スタッフのみならず、日本ラグビーとして大きなものだった。シーズンを通してメンバーの入れ替えが多く、世界のトップと戦えるチャンスに集中して強化するための、マネージメントの課題も残った」

■男子セブンズ日本代表 坂井克行キャプテンのコメント

「コアチームに残留することができず、非常に残念。しかし1年間、セブンズワールドシリーズで戦ったという経験を11月のリオデジャネイロオリンピックのアジア予選で必ず生かしたい。今回、セブンズワールドシリーズに出場するにあたり、多くの方々に支えていただいたことを感謝している。ファンの皆様、本当に熱い応援をありがとうございました」

 

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « スーパーラグビー注目試合&講演のお知らせ | トップページ | セブンズワールドシリーズ放送 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    これサッカーだったら大変な騒ぎになるんでしょうね。日本では不人気なラグビーで良かったですね。協会は日本ラグビーをどうするつもりなんでしょうか?兎に角、協会の姿勢は残念でなりません。

    投稿: フィッシャー | 2015年5月20日 21:52

    7人制の延長が15人制ではないので
    全く別競技として、考えた方がいいでしょう。
    強化を考えるならやはりプロリーグを設立し運営するしか
    ないでしょうね。現在のトップリーグ4月から約3ヶ月間で
    でリーグ戦開催するのが一番の理想ですが、ちょっと難しいかな?
    実際に設立すれば人気出ると思います。短時間の試合時間でスピーディーな
    試合内容。TVも30分枠で収まるでしょうし、ね!
    代表から外れた社会人、大学生鍛えれば何とかなりそうな気がするんですが
    ・・・

    投稿: カズ | 2015年5月20日 18:29

    関係者はセブンスがオリンピック種目になったことに戸惑っているのではないでしょうか。全くといっていいほど強化策がなされません。セブンスの協会を別途立ち上げることは難しいでしょうが、オリンピック種目にこれほど力が入らないのなら、別途方策が必要でしょう。オリンピックはラグビー人気全体をを盛り上げる絶好の機会と思いますが、女子サッカーに遅れを取る現状から、どうするつもりなのか、真剣に考えてください。

    投稿: koosuke | 2015年5月20日 09:45

    記事と関係なくすいませんm(_ _)m

    東京オリンピックに国立競技場の屋根が間に合わないとニュースでやってました。 当然…

    はぁ なんか力抜けましたわ(笑)

    投稿: けんじ | 2015年5月19日 07:17

    前回大会後、瀬川ヘッドが「必ずコアチーム残留を果たす」と言ってた言葉は一体…

    各国がフルタイムで強化する中、ジャパンは毎回メンバー集めからスタートするわけですから、必然の降格ですよね。
    最高の準備をしても勝てるかどうか微妙なレベル差なわけですから、先ずもってシリーズに臨む姿勢が中途半端だったということが残念でなりませんし、選手というよりも協会の責任は重いと思います。

    「大事なテストの前にしっかり勉強して準備する」。小学生でも分かると思うのですが…

    投稿: 亮 | 2015年5月18日 12:29

    セブンスのコアチームからの脱落は残念な話です。

    スコアだけからの印象になってしまいますが、NZに14-26、フランスには勝利。これらの実績を15人制で挙げるためには相当な努力ないしは強運が必要と思うので、現時点でそこまでたどり着いている7人制、強化しがいがあると思うのですが、どうでしょうか?

    投稿: テルキー | 2015年5月18日 11:28

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/61607043

    この記事へのトラックバック一覧です: 男子セブンズ日本代表・ロンドン大会結果:

    « スーパーラグビー注目試合&講演のお知らせ | トップページ | セブンズワールドシリーズ放送 »