« YOKOHAMA TKM トライアウト実施 | トップページ | ジャパンセブンズ面白映像 »

Number880号、行くぞ!ロシナンテス他

6月18日発売のNumber880号(文藝春秋)の表紙は錦織圭選手。もちろん、特集はテニス。ただし、ラグビーの記事もあり。隔号連載 ラグビー日本代表の約束(6)福岡堅樹×藤田慶和「ふたり、大歓声の舞台へ」。宮崎での合宿中に取材し、僕が書かせてもらったのだが、ある意味、対照的な人生を歩んだ2人がいま同じ目標に向かって共に戦っているのは面白い。写真家の渞(みなもと)忠之さんの写真もとてもカッコイイ。ぜひご覧ください。

ラグビーワールドカップ(RWC)2019の応援サイトの、RWCの思い出インタビューが次々に更新されている。最新のものは、サントリーの佐々木隆道、青木佑輔両選手が語っている。佐々木選手は、2007年のRWC初戦のオーストラリア代表戦で日本代表のキャプテンを務めた。その体感を率直に語っている。青木選手は、2007年大会に登録メンバー外のバックアップメンバーとして参加した。その悲哀。そして2011年大会のオールブラックス戦のエピソードまで。2人ともラグビーの魅力も語ってくれている。
http://2019-all-for-japan-team.jp/memories/

もう一つご紹介したいのが、いま読んでいる「行くぞ!ロシナンテス」(川原尚行著、山川出版社)。このブログでも何度もご紹介している川原尚行医師の最新刊である。実は、JSPORTSのラグビー解説でもお馴染みの野澤武史さんの編集だ。スーダンでの医療活動、東北での支援活動、いつも川原さんの活動には頭が下がる思いだが、この本を読んでその苦労を垣間見ることができ、感銘を受けると同時に刺激を受けた。

印象に残る言葉がたくさんある。こんな言葉もあった。「失敗をしましょう! 失敗に自ら挑み続けることで、人はバランスを失うことなく、健康を保っていられるのかも知れないのです。だから失敗してもくよくよせず、おびえて縮こまらず、さらに失敗を重ねましょう。それが、生きるということなのです」。多くの人にお勧めしたい本だ。

Img_20150604_122732

追記◎ラグビー専門WEBマガジン「RUGBY JAPAN 365」にコラムを書かせてもらいました。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « YOKOHAMA TKM トライアウト実施 | トップページ | ジャパンセブンズ面白映像 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    日記の内容と関係のない書き込みで申し訳ありませんが
    ラグビーに関することなのでご容赦を。

    6月7日にTBS系列の「報道の魂」で昨年帝京大学の4年生だった
    大塚君のドキュメンタリーが放映されました。
    今朝の朝日新聞のラテ欄の読者投稿で気がつきました。

    スポーツ系の番組ではないので見逃した人も多い(僕も!)かと思うので
    堂番組のHP貼り付けておきます。
    オンデマンドで視聴可能となっているので興味ある方は是非。

    http://www.tbs.co.jp/houtama/last/index-j.html

    製作は大分ローカル、担当は三重野姓となっているのでかっての
    大分舞鶴ラグビー部監督の三重野さんの縁戚の方かしらん。
    そういえば、高校時代に大塚君を教えた堤監督(筑波OB)も
    三重野さん時代の舞鶴OBでしたね。

    村上さん,日記の中で告知していたらすみません。
    見逃してました。
    でも、ラグビーファンでも見逃していた人も多いと思うのでご寛恕ください。

    投稿: プロップ | 2015年6月19日 16:31

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/61761868

    この記事へのトラックバック一覧です: Number880号、行くぞ!ロシナンテス他:

    « YOKOHAMA TKM トライアウト実施 | トップページ | ジャパンセブンズ面白映像 »