« 女子セブンズ日本選抜結果ほか | トップページ | U20日本代表、初戦結果 »

関西学大・徳田健太キャプテンほか

2日の午後は、関西学院大学ラグビー部のグラウンドに行き、徳田健太キャプテンのインタビューをしてきた。6月下旬発売のラグビーマガジンに掲載されるもの。

徳田選手は芦屋ラグビースクールでラグビーを始め、関西学院高等部から関西学院大学に進んだ。大学では1年生からレギュラーのSHとなり、献身的なプレーとテンポのいいパス捌きでチームの軸になってきた。詳細は誌面で書きたいが、最近はスーパーラグビーをよく観ているという。ハイランダーズのファンのようだ。選手名や最新情報にも詳しかった。徳田選手は2013年のU20日本代表に選出され、チリで開催された「ジュニアワールドラグビートロフィー」にも出場した。そのときのSHは、徳田選手他、大越元気(同志社大学)、重一生(帝京大学)だった。怪我の影響もあって最初の2試合はリザーブスタートだったが、最後の2試合は先発フル出場を果たしている。「初めて代表チームに選ばれて、刺激になりました」。関西学大はこの春、関西のライバルである同志社や天理に敗れているが、シーズンまでにどこまでチーム力を上げられるか。楽しみだ。

20150602

徳田選手と一緒に写真に収まっているのは、主務の高民起(コウ・ミンギ)君。今回の取材の段取りをしてくれたのだが、彼は大阪朝高の卒業生で高校2年生のときに全国高校大会ベスト4に貢献している。2回戦で権裕人(コン・ユイン)選手が脳震盪に倒れ、その後のプレーができなくなったとき、3回戦では代わってCTBに入り、好タックルを連発した。チームを支えるため、マネージメントに専念し、ラグビーとは関係なく就職活動も行っているようだ。取材を終えての帰り道、僕とカメラマンを出口まで送り、僕らが見えなくなるまで見送ってくれていた。気持ちのいい取材だった。

さて、徳田選手も経験したU20日本代表が、イタリア時間の6月2日18:30キックオフでU20イングランド代表と戦う。イングランドでは、シニアの代表の次に位置づけられるセカンドチームであり、強力な相手だが、どこまでやってくれるか。

■ワールドラグビーU20チャンピオンシップ2015 
第1戦U20イングランド代表戦メンバー
1三浦昌悟(東海大学2年)、2堀越康介(帝京大学2年)、3垣本竜哉(帝京大学2年)、4加藤広人(早稲田大学2年)、5古川満(明治大学2年)、6ファウルア・マキシ(天理大学1年)、7占部航典(筑波大学2年)、8テビタ・タタフ(東海大学1年)、9 米村龍二(筑波大学2年)、10金井大雪(法政大学1年)、11東川寛史(法政大学2年)、12梶村祐介(明治大学2年)、13笠原開盛(中央大学2年)、14尾崎晟也(帝京大学2年)、15野口竜司(東海大学2年)/16祝原涼介(明治大学1年)、17久原綾眞(明治大学2年)、18藤野佑磨(立命館大学2年)、19斉田倫輝(法政大学2年)、20 前田剛(明治大学2年)、21中嶋大希(流通経済大学2年)、22アタアタ・モエアキオラ(東海大学1年)、23山田雄大(立教大学2年)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 女子セブンズ日本選抜結果ほか | トップページ | U20日本代表、初戦結果 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/61685557

    この記事へのトラックバック一覧です: 関西学大・徳田健太キャプテンほか:

    « 女子セブンズ日本選抜結果ほか | トップページ | U20日本代表、初戦結果 »