« ブルズが来る | トップページ | ノーサイド・トークライブ告知 »

兵庫県フェニックスラグビーフェスティバル

6月14日は、神戸総合運動公園ユニバー記念競技場に行っていた。第43回兵庫県フェニックスラグビーフェスティバルに行っていた。その内容は、ラグビーマガジンのサイト「ラグビーリパブリック」や、ラグビーマガジン本誌に書くので、ここでは触りだけにしておきたいが、正午から行われた阪神・淡路大震災20年チャリティーマッチ「神戸製鋼OB対ワールドOB」の試合は大いに楽しめた。実は両者のOB戦はこれが初めて。

20150614

僕は場内MCを担当し、大畑大介、大西将太郎というOB両氏を放送席に招き、緩いスタイルで解説したのだが、神戸製鋼の林敏之、ワールド東田哲也両キャプテンが現役時代を髣髴させる突進を見せたほか、神戸製鋼の細川隆弘が難しいゴールを決めたり、ワールドの織田己知範が42歳とは思えないスピーディーな独走トライを見せるなど、懐かしい面々が元気な姿を見せた。神戸製鋼を長らく応援する人々にとっては、林、大八木の連続突進や、武藤、杉本、綾城、増保らのプレーは古き良き時代を思い出す心温まるひと時だったろう。

試合は15分ハーフで行われ、前半は45歳以上、後半は45歳以下メンバーでの対戦。24-17という7点差で神戸製鋼がリードしてノーサイド近くになったが、最後にワールドが自陣から攻め、これがつながればトライというところで、鬼束竜太がノックオン。難しいパスではあったのだが会場が大きなため息に包まれ、実況席からも大畑、大西両氏が突っ込みを入れると、大型スクリーンに鬼束選手の顔写真が出るという、前代未聞の演出で会場は大いに沸いた。

また、15分経過の時点で神戸製鋼の桑原がタッチキック。チームメイトの声に応じて試合を終わらせるプレーだったのだが、客席、放送席、そしてタッチライン際で見ている両チームの選手からも大ブーイング。レフリーも空気を読んでもうワンプレー。結局は、そのまま神戸製鋼が逃げ切ったが、こちらも大いに盛り上がるシーンだった。

「一番いい時代に神戸製鋼とワールドで戦えたことを、幸せに思います」と良きライバルにコメントした東田キャプテン。林キャプテンも、「久しぶりの試合で楽しかった。ワールドというライバルがいたからこそ、こうして試合ができる。ありがとう」と返し、両チームで記念写真に収まっていた。

メインゲームの関西学院大学対慶應義塾大学の試合は、関西学大が健闘して会場を沸かせたが、最終スコアは33-12で、慶應が決定力の差を見せつけた。また、隣の会場で開催された兵庫県国民体育大会少年の部決勝では、関西学院高校が10-5で報徳学園高校を下した。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ブルズが来る | トップページ | ノーサイド・トークライブ告知 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    静岡県ラグビーフェスティバル、帝京大vs明治大を観戦。
    序盤は明治の頑張りも目立ちスタンドの声援も後押ししていましたが、
    前半の終盤から徐々に帝京ペースに。
    スクラム・モール等、明治もこの日をターゲットに練習を重ねた様子も見られましたが
    帝京の分厚さというか、やはり強さが印象付けられた試合でした。
    また、期待のルーキー竹山君のスピード満点のランには、近くで
    観戦していた大勢の高校生ラガーからも驚きの声があがっていました。

    投稿: マル | 2015年6月15日 11:37

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/61741896

    この記事へのトラックバック一覧です: 兵庫県フェニックスラグビーフェスティバル:

    « ブルズが来る | トップページ | ノーサイド・トークライブ告知 »