« キヤノンイーグルス追加加入選手 | トップページ | リーチ、田中ともに先発出場 »

日本ラグビー協会、神奈川県、小田原市と基本合意&講演会のお知らせ

日本ラグビーフットボール協会が、神奈川県、そして小田原市と基本合意書を締結した。これは、ラグビー日本代表が小田原市の城山陸上競技場(2017年3月改修終了予定)で合宿を継続的に実施すること、また、日本協会と神奈川県並びに小田原市が協力し、ラグビーワールドカップ2019(RWC2019)の成功に向けた取り組みを行っていくことなどに関する基本合意書。今回の締結により日本協会はRWC2019の開催都市でもある神奈川県内におけるRWCの周知活動、日本代表活動、交流を通した神奈川県民、および小田原市民へのラグビー競技の普及に取り組む、とのこと。

日本ラグビーフットボール協会
矢部達三専務理事 
「この度、神奈川県及び小田原市の皆さま方にご協力をいただき、神奈川県小田原市にあります城山陸上競技場を日本代表の合宿地とすることで基本合意いたしました。小田原市は首都圏に近いこと、温暖な気候であること、選手たちが集まりやすいなど、素晴らしい環境が整っております。15人制の代表に限らず、セブンズやU20、高校代表など様々な代表チームがこれからお世話になりますが、各代表がそれぞれの目標に向かって活躍してくれることを期待しています。今年行われますRWCイングランド大会ではベスト8を目標に現在も合宿を行っています。今後は、神奈川県、小田原市、ラグビー協会の3者が一体となって2019年のRWC日本大会の成功に向けて日本ラグビー界を盛り上げていきたいと思います」

神奈川県 黒岩祐治知事
「神奈川県は横浜市とともに、RWC2019の開催都市のひとつに選ばれました。これからはラグビー気運を高め、RWC2019の周知活動などに3者が連携し、全力で役割を果たしていきたいと考えています」

小田原市 加藤憲一市長
「神奈川県の黒岩知事、日本ラグビーフットボール協会の矢部専務理事とともに、基本合意書の締結式を開催することができ、本当に嬉しい限りです。ラグビー日本代表の合宿の実施は、小田原市のスポーツ振興だけでなく、都市セールスや地域活性化に大きく寄与するものです。今後は3者で連携しながら、小田原市での合宿の実施や2019年RWCの成功に向けた取り組みを進めていきたいと思います」

講演会のお知らせ◎アフリカのスーダンで医療活動を行うロシナンテス理事長・川原尚行さんは、書籍「行くぞ!ロシナンテス! 日本発国際医療NGO挑戦」(1,800円/税抜き、山川出版社)を出版する。内容は川原さんの幼少期・青年期を経て医師となり、アフリカ・スーダンとの出会いまで、そして現在・未来について。もちろん、川原さんが愛するラグビーのことも。6月15日、出版記念講演会を開催する。日時場所などは以下の通り。詳細はロシナンテスのサイトをご覧ください。

◆日時 2015年6月15日(月) 19時00分開演(18時30分開場)
◆会場 紀伊国屋サザンシアター
    紀伊国屋書店新宿南店7階(新宿駅南口タカシマヤタイムズスクエア)
◆入場料 1,000円(チケット制)
http://www.rocinantes.org/2015/05/post-125.html

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « キヤノンイーグルス追加加入選手 | トップページ | リーチ、田中ともに先発出場 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/61688961

    この記事へのトラックバック一覧です: 日本ラグビー協会、神奈川県、小田原市と基本合意&講演会のお知らせ:

    « キヤノンイーグルス追加加入選手 | トップページ | リーチ、田中ともに先発出場 »