« 関西学大・徳田健太キャプテンほか | トップページ | キヤノンイーグルス追加加入選手 »

U20日本代表、初戦結果

「ワールドラグビーU20チャピオンシップ」(20歳以下世界ラグビー選手権)に参加しているU20日本代表は、現地(イタリア)時間の2日午後6時半より、ディフェンディングチャンピオンのU20イングランド代表と対戦し、59-7で敗れた。この試合は日本でも、ワールドラグビーのサイトで見ることが出来たのだが、体格差は明らか。FWの平均体重で10㎏は差があり、BKも巨漢選手が並んでいた。しかもイングランドのプレミアシップ所属のプロ選手がずらりと並び、体格、スピード、スキルともにシニアレベルの代表と大差ないように感じられた。

開始40秒のラインアウトからの攻撃では、ブラインドサイドWTBがSOの横に走り込むサインプレーで簡単にトライされ、4分には、日本がいったんターンオーバーしたボールを、すぐにターンオーバーされるという最もディフェンスしにくいシチュエーションで2つめのトライを奪われた。そして7分にはゴール前のラインアウトモールから失点。その後、日本も攻勢に出たのだが、相手陣の22mライン付近でのブレイクダウンで2人目の選手がオフサイドをとられてチャンスを逸した。ここでもう少しゴールラインに迫っていれば、その後の大量失点は最小限に抑えられたかもしれない。惜しいシーンだった。

前半で7トライを奪われた時点では、三ケタ失点の心配もあったが、今回のU20日本代表は、3月にフィジーで行われた各国A代表の大会「ワールドラグビーパシフィック・チャレンジ(WRPC)2015」に参加し、5月の「オセアニアラグビージュニアチャンピオンシップ2015」で、ニュージーランド、オーストラリア、サモアのU20と戦ってきたこともあって大崩れはしなかった。スクラム、ラインアウトのセットプレーは十分に戦えており、体格差を考えれば見事なパフォーマンスだったし、後半はテンポアップして攻め、FB野口が抜け出してWTB東川がゴールに迫るなど見せ場も作り、慌てたイングランドの反則を誘って、ペナルティートライも奪った(ラストパスを故意のノックオンで防がれた)。

ワールドラグビーU20チャンピオンシップは、昨年までのJWC(ジュニアワールドラグビーチャンピオンシップ)を名称変更したもの。日本で開催された2009年のJWCは16チームの参加によって行われ、U20日本代表も参加していたが、翌年から12チームに絞られたため、下部大会に参加。昨年のJWRT(ジュニアワールドラグビートロフィー)で優勝し、U20の世界最高峰の大会に昇格した。

今回の目標は、U20のウェールズに勝つこと。最下位は下部リーグへの降格になってしまうのだが、世界の強豪12チームの中では、1勝も難しい。それでも目標を高く設定したことでチーム力は格段に上がっている気がする。ミスから失点するパターンは、言われ続けている課題だが、イングランドの圧力の中でプレーできた経験を、次のU20フランス代表戦、U20ウェールズ代表戦に活かしてもらいたい。日本の同じプールAのもう一試合は、U20フランス代表がU20ウェールズ代表を19-10で下した。優勝候補の一角であるニュージーランドは、スコットランドを68-10で破っている。

U20日本代表は、6月6日、U20フランス代表と対戦する。

◎コメント

中竹竜二ヘッドコーチ
「前半最初のプレーで、立て続けにトライを取られて、勢いを失ったが、前半の途中から自分たちの(アタックの)形にもっていければゲインできることが分かってきたので、後半は修正できた。後半の初めと最後にもトライを取られたが、(後半は)基本的にはずっとボールを支配してエリアも支配できたので、この戦い方を今後のU20 フランス、ウェ-ルズ戦でやっていきたい。これから続く4 試合の中で、どこのチームよりも成長するチームになろうということを、試合後に皆で共有したので、これからの試合は非常に楽しみ」

堀越康介キャプテン
「前半で受けにまわってしまって、立て続けに点を取られてしまった。後半は修正しようとフォワードでラインアウトとスクラム、チーム全体ではアタックとディフェンスをもう一度しっかりやろうと確認した。自分達のペースを作ることもできたしトライもできたが、まだトライを取りきれないところや、相手を波に乗らせてしまうところがあるので、U20 フランス戦に向けて良い準備をして、頑張りたい」

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 関西学大・徳田健太キャプテンほか | トップページ | キヤノンイーグルス追加加入選手 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    これが世界との実力差ですか…
    日本も強化してるけど当然世界も…
    あと2戦なんとか食らいついてほしいし、最下位だけは免れたい!

    ちなみにイングランド戦、自分の中で12-50の予想を立てていました。ほぼ当たって嬉しいやら悲しいやら(笑)

    投稿: 亮 | 2015年6月 3日 23:26

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/61688083

    この記事へのトラックバック一覧です: U20日本代表、初戦結果:

    « 関西学大・徳田健太キャプテンほか | トップページ | キヤノンイーグルス追加加入選手 »