« 2015年4月12日 - 2015年4月18日 | トップページ | 2015年4月26日 - 2015年5月2日 »

2015年4月19日 - 2015年4月25日

アジアラグビーチャンピオンシップ放送予定

JSPORTSの放送予定が未定になっていた、アジアラグビーチャンピオンシップ最終戦(5月23日)の日本代表対香港代表戦の生中継が決まった。

<生中継日時>
2015年5月23日(土) 午後4:50~ J SPORTS 4 <生中継>

<出演者>
解説:藤島大、野澤武史
実況:土居壮

これにより、アジアラグビーチャンピオンシップの日本代表戦は、全4試合放送されることになった。

【日本開催分 放送予定】

<日本 vs. 香港>
5/2(土) 午後 8:24~ J SPORTS 2
(※プロ野球「楽天 vs. 埼玉西武」が開催中止の場合、5/2(土)午後 1:50~ J SPORTS 1にて生中継)
http://www.jsports.co.jp/program_guide/55748.html

<日本 vs. 韓国>
5/9(土)午後 1:50~ J SPORTS 1(生中継)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

花園と熊谷のラグビー祭り情報

春は各地でラグビー祭が行われるが、今回は、4月26日の関西ラグビーまつりと、5月10日の埼玉ラグビーフェスティバルについてのお知らせ。両方とも場内解説やトークショーで僕も参加します。また、埼玉ラグビーフェスティバルでは、山賀敦之さん他、埼玉ゆかりの選手たちの引退セレモニーもあり。

■第9回関西ラグビーまつり
4月26日 花園ラグビー場

第1グラウンド
11:00~11:45=花園オールドボーイズ交流戦 第9回関西中学生大会 天理中学校OB 対 愛光中学校OB
12:00~13:00=花園オールドボーイズ交流戦 第68回全国高校大会 大阪工大高OB 対 茗溪学園高OB
13:10~ 黒潮・躍虎太鼓演舞
14:00~15:30=NZU来日記念試合 ニュージーランド学生代表 VS 関西学生代表
16:00~ 協会役員 対 プレスマン

第2グラウンド
10:00~16:00 なつかしの高校OB交流戦

※中学生以下を対象に、お楽しみ抽選会もあり。詳細は、関西ラグビーまつり、特設サイトにてご確認を。
http://rugby-kansai.or.jp/matsuri9

■第23回埼玉ラグビーフェスティバル
5月10日 9:00-16:00 
熊谷ラグビー場の敷地をフルに使って、様々な試合、催し物がある。
詳細は、埼玉ラグビー協会のHPなどでご確認を。
http://rugby-saitama.jp/

山賀敦之さんらとのスペシャルトークショーもあり(12:15~)、メインゲームの埼玉オールスターズ対立正大学の戦ではハーフタイムのトークショーに、宮地克実さん、田沼広之さん、松田努さん、堀越正己さん、山沢拓也選手も登場予定。

埼玉オールスターズには、パナソニックの川俣直樹、酒井教全、キヤノンから三友良平、サントリーの篠塚公史ら埼玉の大学、高校を卒業した選手達が出場する。

B級グルメやコーラオリジナルペットボトル作成、ラグビーボールを使って遊ぼう等のアトラクションなどもあり。ミニSLも走らせる(乗車可能)。ミニSLはAグラウンドバックスタンドの最上段にレールを敷くそうだ。

20150423

| | コメント (0) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サクラフィフティーンにもご注目を

男子15人制日本代表はイングランドにて、秋のワールドカップの開催地などを視察中。本日(23日)からは、女子15人制日本代表の強化、そして女子TIDキャンプの合同合宿が熊谷で始まる。15人制の強化と、女子のジュニア・ユース世代を対象に次世代の人材発掘と育成を図るプログラム。オリンピックに採用されたことで女子は7人制の強化が主体になっているが、15人制をプレーした選手も多い。

女子日本代表(サクラフィフティーン)が出場する女子アジアラグビーチャンピオンシップ(Women’s Asian Rugby Championships)は、4月25日から始まる。

■女子15人制強化合宿メンバー
伊藤絵美(名古屋レディース)、伊藤真葵(名古屋レディース)、伊藤瑞萌(日本体育大学ラグビー部女子)、乾あゆみ(兵庫県ラグビースクールレディース)、加藤あかり(Rugirl-7)、小菅礼子(RKUラグビー龍ケ崎GRACE)、齊藤聖奈(カンタベリー大学ラグビー部)、鈴木育美(YOKOHAMA TKM)、田坂藍(ARUKAS QUEEN KUMAGAYA)、日向寺亜依(YOKOHAMA TKM)、山あずさ(YOKOHAMA TKM)、山本さやか(名古屋レディース)
■女子TIDキャンプメンバー
伊藤優希(日本体育大学ラグビー部女子)、鵜川志帆(横濱ラグビーアカデミー)、片岡瑞帆(日本体育大学ラグビー部女子)、川岸由季奈(名古屋レディース)、櫻井綾乃(日本体育大学ラグビー部女子)、寺内美樹(RKUラグビー龍ケ崎GRACE)、南早紀(日本体育大学ラグビー部女子)、本間美月(名古屋レディース)

以下は、女子アジアラグビーチャンピオンシップの予定。5月9日、23日は男子日本代表のアジアラグビーチャンピオンシップ2015との併催。国内では、5月9日の博多。ご注目を。

●大会スケジュール
4月25日(土) 16:00(日本時間19:00)
女子カザフスタン代表 対 女子香港代表(カザフスタン)
5月9日(土) 11:00
サクラフィフティーン 対 女子カザフスタン代表(福岡レベルファイブ)
※14:00 男子日本代表対韓国代表
5月23日(土) 13:00(日本時間14:00)
香港代表 対 サクラフィフティーン(香港仔運動場)
※(16:00 日本時間17:00)
男子日本代表 対 香港代表

| | コメント (2) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

豊田自動織機、セコム新体制

トップリーグの豊田自動織機から新体制と追加新加入選手のお知らせがあった。

丹生雅也ヘッドコーチは変わらないが、コーチングアドバイザー兼アナリストとして、ここ数年、近畿大学、京都産業大学など関西大学リーグのコーチを歴任し、各チームの組織ディフェンスをレベルアップさせてきたクリス・ミルステッドの名前がある。ここでもいい仕事をしそうだ。そして、FWコーチには、元オーストラリア代表のマット・コーベイン、プレイング・BKアシスタントコーチとして大西将太郎の名前も。追加新加入選手は、前ヤマハ発動機ジュビロのWTB徐吉嶺(ソ・キルリョン)。新たな活躍の場を求めての移籍となる。

そして、セコムラガッツの新体制では、引退を表明したばかりの山賀敦之総監督の名前が輝いている。セコムの顔ともいうべき人物。引退しても、セコムの顔(変顔か?)として活躍するわけだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

呉英吉先生の門出を祝う会

4月19日の夜は京都市内のホテルで行われた、「呉先生の門出を祝う会」に参加させてもらった。27年にわたって教鞭をとり、コーチを経て監督として大阪朝鮮高級学校ラグビー部を8年間率いた呉英吉(オ・ヨンギル)さんが、同校を退職し、新たなスタートを切ることになったのだ。親交の深かった京都成章高校ラグビーの湯浅泰正監督の呼びかけで、全国各地の高校指導者が集い、呉英吉さんの門出にエールを贈った。

元布施工業高校ラグビー部監督で現在は大阪国際大学の副学長を務める川村幸治さん、常翔学園高校の野上友一監督、御所実業高校の竹田寛行監督など高校ラグビー界を長らく牽引してきた先生方に、東福岡高校の藤田雄一郎監督、東海大仰星の湯浅大智監督ら若手の指導者も含めて、参加者は約100名。会の副題に、「ラグビーっていいな、ONE FOR ALL、ALL FOR ONE」とあったが、まさにその通りの高校ラグビー界の深い絆を見た思いだった。

呉さんの後継者として監督に就任するのは、これまでコーチを務めていた権晶秀(コン・ジョンス)さん。大阪朝高ラグビー部の6代目の監督となる。「金信男先生、呉英吉先生が一から作られてきたラグビーを引き継ぐことになります。自分にできるのかという気持ちはありますが」と前置きしつつ、呉先生の教えを守って強いチームを作っていきたいと意気込みを語った。権監督他チーム一同のメッセージとして上映された映像には、呉先生が指導されてきた足跡が感動的に編集され、「在日ラグビー、日本ラグビーの発展のため、新たなステージへ。これからもよろしくお願いします」と綴られていた。

呉先生の最後の挨拶には感動させられた。詳細は別の機会に書きたいが、大阪府予選で、なかなか勝てないとき、ラグビーは人間形成が大事なんだということに気づき、礼儀やマナーを重んじ、それを生徒に理解させることによって全国大会の常連になることができたことなどを語った。そして、「ラグビーからは離れられません。それが僕の決意です」と話し、ラグビーの発展に寄与するために、何ができるかを模索していく決意を語った。

20150419

写真は、奥様と大阪朝高2年の息子さんと。たくさんの人に慕われるお父さんを見て、息子さんも誇らしかったのではないかなぁ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

« 2015年4月12日 - 2015年4月18日 | トップページ | 2015年4月26日 - 2015年5月2日 »