« 2015年1月4日 - 2015年1月10日 | トップページ | 2015年1月18日 - 2015年1月24日 »

2015年1月11日 - 2015年1月17日

山中亮平選手に会う

Yamanaka

きょうは、神戸製鋼コベルコスティーラーズのクラブハウスで、山中亮平選手の取材だった。東海大仰星高校時代も花園で取材していたし、早稲田大学のころもインタビューしたことがあるのだが、大人になったなぁと、父親のような気持ちになった。

ラグビーマガジンに掲載されるものなのだが、発売日は1月24日。プレーオフのセミファイナルの日(対ヤマハ発動機ジュビロ戦)である。というわけで、プレーオフ、日本選手権のキーマンとして、お話を聞いた。詳しくは誌面でご覧いただきたいのだが、取材後、「きょうはなんか、上手く話せなくて、すみません!」と山中選手。そんなこと、ないっすよ。言い残したことある? 「いや、それは大丈夫です」というようなやりとりが。

1月5日に発表されたラグビーワールドカップ2015日本代表第一次候補からは漏れてしまった山中選手。その感想を聞いたら、「ツイッターで発表を見ていて、あれ?って思いました(笑)」。つまり、ズッコケたそうだ。本人も入るだろうと思っていたらしい。エディー・ジョーンズヘッドコーチから理由の説明があったという。「安定性がまだ足りないということ、タックルのスキルもインターナショナルレベルになってほしいということでした。まだまだコンタクトも強くならなくてはいけません」と、理由の一端を明かしてくれた。

いまの体重が93㎏ということなので、これ以上大きくなると、100㎏級のスタンドオフということになるのだが、いまさらながら、このサイズで高いスキルを持ち合わせている山中選手のポテンシャルの高さを思った。「でも、チャンスがなくなったわけではないので、頑張ります」と代表入りに向けても前向きだった。もちろん、今の目標は、トップリーグ制覇である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TIDシニアキャンプ&お母さんのためのラグビー講座

1月15日~18日、千葉県の日本メディカルトレーニングセンターで、U20カテゴリー世代(19~20歳)の有望な人材を発掘・育成するプロジェクト「TIDシニアキャンプ」が開催される。これは、日本ラグビー協会が、日本で開催される「ラグビーワールドカップ2019」(RWC2019)に出場する可能性の高い16~18歳の選手を対象に、各カテゴリーの代表に国際舞台で戦える選手を送り出すことを目的としたプログラム「タレントIDキャンプ」の一環。「TIDシニアキャンプ」の参加選手は、U20世界選手権(World Rugby Under 20 Championship 2015)に参加するU20日本代表の選考対象となる。

大学1年生世代が軸で、すでに各大学で活躍しているWTB尾崎晟也(帝京大)、CTB梶村祐介(明治大)、FB野口竜司(東海大)、FL加藤広人(早稲田大)など計43名。つい先日、終わったばかりの全国高校大会で話題となった慶應義塾のLO辻雄康、御所実業のWTB竹山晃暉、鹿児島実業のWTB桑山聖生ら高校3年生も含まれており、将来楽しみな選手達だ。

メンバーリストは、コチラ。
http://sakura.rugby-japan.jp/youth/2015/id30303.html

お知らせ◎1月18日、徳島県ラグビーフットボール協会が主催し、「ラグビートップコーチがお母さんに伝えたい! 社会で活躍できる大人の育成法」講座が開催される。講師は二ノ丸友幸さん(日本ラグビー協会リソースコーチ、株式会社クボタ)。啓光学園、同志社大学からクボタスピアーズに進んだSHで、御所実業や徳島科学技術高校などに、アドバイザーコーチとして関わっている。「ラグビーをすれば得する情報満載」とのこと。

対象は、タグラグビーやラグビー選手のお母さん。吉野川市鴨島公民館視聴覚室。14:00より受付開始。講演は14:15~15:30。当日参加も可。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TLプレーオフ前記者会見

20150113

1月13日、午後2時より、都内でトップリーグ・プレーオフトーナメントの記者会見が行われた。勝ち残ったトップ4の監督(ヘッドコーチ)、キャプテンが勢ぞろい。今季より冠スポンサーとなった、LIXILのカップもお披露目された。高さ55㎝、重さ15㎏の青磁で作られており、製作者は陶芸家の吉川正道氏。ラグビーの力強さ、清廉性が勝利のVをモチーフに表現されている。

プレーオフは、10分ハーフの延長戦が導入される。準決勝で延長戦でも決着がつかなければ、リーグの上位が決勝に進出。決勝戦の延長戦でも同点の場合は、両者優勝となる。

最初に各監督、ヘッドコーチから抱負が述べられたのだが、ヤマハ発動機の清宮克幸監督が、「セカンドステージで神戸製鋼に負けた時は、記者会見で、気持ちよく負けたと話したのですが、2度目はそうはいかない。ギャリーさんは南アフリカに帰られるようですね。日本では素晴らしい思い出をたくさん作られたと思いますが、最後は苦い思い出を持って帰ってもらいたい」と言えば、ギャリー・ゴールドヘッドコーチが、「日本の人々は優しくしてくれました。最後までそうであると願っています」と返し、笑いをさそう場面も。

東芝の冨岡鉄平ヘッドコーチは、「初戦でパナソニックと当たれることは光栄です。3人の中で私が一番年下。それぞれ尊敬するコーチの皆さんにチャレンジできることを、嬉しく思います」とコメント。パナソニックのロビー・ディーンズ監督は、まずは冨岡ヘッドコーチのコメントに謝意を述べ、「我々と東芝の対戦には、長い歴史があります。必ずや、なんらかのドラマがあるでしょう。それを楽しみにしております」と語った。

◎LIXIL CUP
1月24日(土)近鉄花園ラグビー場 14:00
神戸製鋼コベルコスティーラーズ 対 ヤマハ発動機ジュビロ
1月25日(日)秩父宮ラグビー場 14:00
東芝ブレイブルーパス 対 パナソニックワイルドナイツ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京都イルコン・トークライブ告知

第4回「京都イルコン ラグビー部トークライブ」のお知らせ。

全国高校ラグビー大会では、高校生たちの熱い戦いに心を温めてもらいましたが、その余韻がさめぬうち、当事者にお話を聞いておこうと思います。

京都御所の西側にあるイタリア料理店「イル・コンタディーノ」で、第4回目となるラグビートークライブ。2015年第1回目のゲストは、全国高校大会でベスト4に進出した京都成章高校の湯浅泰正監督です。強豪校、伝統校がひしめく京都の中で、地道な努力で全国屈指の強豪チームを作り上げた指導方法、生徒たちとのふれあいなどなど、高校ラグビーの面白さ、難しさを、たっぷり語っていただきます。約1時間のトークのあとは懇親会。ラグビー談義と美味しいイタリアンで楽しい時間を過ごしましょう。京都近辺のラグビーファミリー(初心者の方、大歓迎です)のみなさんと交流できればと思っています。

第4回「京都イルコン ラグビー部トークライブ」
2015年2月5日(木曜)
午後7時開演(開場6時30分)~午後9時まで。
約1時間のトークのあと懇親会に移ります。
参加費:3,500円(ワンドリンク、軽食付き)
進行:村上晃一
ゲスト:湯浅泰正(京都成章高校ラグビー部監督)

会場:t.e.b.il Contadino42
住所:京都府京都市上京区出水通室町西入ル西出水町110
交通手段:地下鉄烏丸線「丸太町駅」2番出口から徒歩7分
http://www.ilcontadino42.com/index.html

お申し込みは、お店に電話にてお願いします。
電話:075-366-8848
2015年1月13日(火曜日)、午前10時30分より受付開始。
定員25名。満席になりしだい締め切ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トップリーグ最終節結果&プレーオフ組み合わせ

1月11日(日)は、東大阪市の近鉄花園ラグビー場だった。第1試合はグループBの近鉄ライナーズとクボタスピアーズの対戦。近鉄はボーナス点「1」を獲得すれば、ワールドカードトーナメント(WCT)進出。クボタは近鉄を勝ち点「0」に抑え、4トライ以上のボーナス点を獲って勝つのが自力でのWCT進出条件だった。しかし、クボタはNO8キーガン・ダニエル、CTB立川理道、アイザイア・トエアバらを軸に攻勢に出ながら、後半10分にLO鈴木康太があげた3トライ目以降は攻めあぐみ、19-10で勝ったものの勝ち点4にとどまり、WCTには届かなかった。近鉄は勝ち点こそ奪えなかったが、クボタを3トライに抑えたことで、グループB4位が決まり、WCTへ。

第2試合はグループA1位のパナソニックワイルドナイツと、4位のヤマハ発動機ジュビロ。自力でのプレーオフ進出には、4トライ以上の勝利しかないヤマハ発動機は、相手陣で得たPGも狙わずタッチキック。迷いなくトライを目指した。ディフェンス面でもパナソニックの攻撃陣に次々にプレッシャーかける。パナソニックのSOベリック・バーンズに2本のロングPGを決められたが、前半を終えて、14-6とリード。後半6分にNO8堀江恭佑の今季11本目のトライで突き放すと、19分、WTB伊東力がパナソニックSH田中史朗のパスをハーフウェイライン付近でインターセプトして独走。値千金の4トライ目をあげた。パナソニックもWTB北川智規のトライで意地を見せたが、終始、ヤマハが主導権を握る勝利だった。

この結果、ヤマハはグループAの4位となり、清宮克幸監督体制になってからは初、チームとしては8シーズンぶりのトップ4に食い込んだ。いったんは本格強化を停止したチームを蘇らせた清宮監督は、「選手達を頼もしく見ていました。4トライ以上で3連勝しないと自力でトップ4に残れないとなったところから、チームが変わりましたね」と話し、「時間はかかりましたけど」と4年目の指揮で成果を出し、笑顔を見せた。

サントリーサンゴリスも勝ったのが、勝ち点差で5位となり、プレーオフの組み合わせは次のようになった。

■プレーオフトーナメント組み合わせ
1月24日(土)14:00 花園
神戸製鋼 対 ヤマハ発動機 
1月25日(日)14:00 秩父宮
パナソニク 対 東芝 

その他の結果は以下の通り。宗像サニックスブルースと豊田自動織機シャトルズは、最終的に勝ち点「8」で並んだが、得失点差でサニックスが自動降格となった。

■トップリーグ・セカンドステージ最終節結果
東京・秩父宮ラグビー場
東芝ブレイブルーパス○31-14●NTTコミュニケーションズシャイニングアークス(前半19-0)
キヤノンイーグルス●8-47○神戸製鋼コベルコスティーラーズ(前半3-23)
愛知・名古屋市瑞穂公園ラグビー場
豊田自動織機シャトルズ●7-9○NECグリーンロケッツ(前半7-3)
トヨタ自動車ヴェルブリッツ●19-40○サントリーサンゴリアス(前半19-19)
大阪・近鉄花園ラグビー場
近鉄ライナーズ●10-19○クボタスピアーズ(前半10-5)
ヤマハ発動機ジュビロ○26-18●パナソニック ワイルドナイツ(前半14-6)
福岡・レベルファイブスタジアム
宗像サニックスブルース●33-46○NTTドコモレッドハリケーンズ(前半5-26)
コカ・コーラレッドスパークス●22-38○リコーブラックラムズ(前半17-19)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

« 2015年1月4日 - 2015年1月10日 | トップページ | 2015年1月18日 - 2015年1月24日 »